製品概要 SkeedDelivery

  1. English
  2. Japanese /

コンセプト

多拠点・多店舗配信ソリューション「SkeedDelivery™」は、P2Pアーキテクチャにより、配信先である拠点・店舗側のサーバを他の拠点・店舗への配信にも利用することで、回線やサーバの増強コストを抑制しながら、かつ極めて高速に配信するスマー トなソリューションです。
これにより従来では不可能だった多拠点・多店舗に向けた大容量データの一斉配信を安価に素早く配信することができます。また、各拠点・店舗毎の配信状況の確認や配信先の急な追加、何らかの障害で回線瞬断が生じても復旧後に自動再開するレジューム機能などスマートな運用環境を実現しています。

多拠点に大容量ファイルを配信したい。しかし・・・

メディアの物理搬送

  • ・毎回、搬送に向けた作業工数が発生し手間が増大
  • ・送達所要時間が長い
  • ・紛失、盗難リスクが高い
  • ・送付先が多ければその分、高コスト

メール配信

  • ・大容量ファイルは不可
  • ・同時多数への送信は送信元のサーバリソース、回線拡幅が必要(コスト負担増)
  • ・通信傍受、セキュリティ上の課題あり

衛星通信・CDNによる配信

  • ・プロジェクト単位で初期インフラコストが発生
  • ・データ送信量が契約流量を超えると超過金が発生(フレキシブルな対応がし難い)
  • ・CDNはPull型で受信側依存

SkeedDelivery™なら、大容量でも安全・確実に、低コストに、スピーディに、
そして容易に多拠点への配信を実現します。

基本構成

基本構成の図

配信元のセンターサーバから配信先の各拠点・各店舗のサーバに対しては最適な配信先を自動的に選定し、そこで受け取ったパケットを他の拠点・店舗のサーバにバケツリレー式に転送することで、極めて効率的かつスピーディに大容量ファイルを転送します。

特長

Point1:高いコストパフォーマンス

  • ■ 送信元のサーバ増強や回線の新設や帯域拡幅などの投資が不要
  • ■ CDNのような契約流量超過に伴う支払増や物理搬送に伴うランニングコストがほとんどない

Point2:配信完了までスピーディ

  • ■配信先が増加しても、先進的な多段転送(パケツリレー方式)とマルチパスにより柔軟かつスピーディに同時配信可能

Point3:大容量ファイルでも制限なく配信

  • ■サーバ、ネットワークの負荷分散により大容量ファイルでも問題なく配信
  • ■ファイル配信サービスにみられるようなファイルサイズ制限がない

Point4:優れた柔軟性と可用性

  • ■配信元と一部配信先のノード間で遮断等のトラブルがあっても、他の配信先から柔軟かつ自動的に最適な経路にてファイルを送達

Point5:安心のセキュリティ

  • ■配信中のデータを暗号化することで通信傍受をブロック
  • ■配信先でもキャッシュとして格納されたデータは暗号化

Point6:多様な配信制御・管理が可能

  • ■複数種類のファイルを同時配信したり、配信先をグルーピングするなど自在に制御
  • ■スケジュール設定により、配信時間を自動制御
  • ■ほぼリアルタイムに配信状況の詳細を表示確認可能


資料請求フォーム

資料請求はこちらのフォームからお願い致します。

お問い合わせフォーム

その他ご依頼やご相談、その他ご質問などはこちらのフォームからお願い致します。

※営業時間(平日10:00~19:00)以降のお申込み又はお問合せは、
翌営業日にご対応させていただく場合がございます。ご了承ください。